veoh動画をDVDに保存する

 Veohの仕様変更で、ほとんどのVeoh動画がFLV形式になっています。仕様変更前にアップロードされていた動画には、Avi形式のものもありますが、新しいものはやはり、ほとんどFLV形式になっています。
 ・・・ということで、FLV形式の動画をDVDに保存する方法をご説明したいと思います。

「flv2psp」をインストールする

 FLVのファイル変換のソフトにもいろいろありますが、この「flv2psp」をご紹介したいと思います。このソフトでは、FLV形式のファイルを、PSPで見ることができる「MPEG4」や、DVDに保存できる「MPEG2」のファイル形式に変換することができます。

まず、ダウンロードページにアクセスします → flv2psp

flv2psp

アクセスしたら、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

Vector

Vectorへの登録は省略しますので、「いまは登録しない」をクリックします。

インストール開始

自分のPCに保存してから実行しても良いと思いますが、ここでは「実行」をクリックします。

インストール

「次へ」をクリックします。

「すべてのユーザー」を選択し、「次へ」をクリックします。

やっと、インストール開始です。「次へ」をクリックします。

 

 

 

 

 

「VSO DivxToDVD」でファイル変換する

ソフトもインストールできたので、次はいよいよファイルを変換します。


変換したい(DVDに焼きたい)ファイルを選択します。
赤枠で囲まれたアイコンをクリックします。



変換するファイルを選択します。複数ファイル選択することができます。選択したら、
「開く」をクリックします。



では、簡単に設定画面について説明します。


【1】ソースファイル
 DVDに保存したい動画を選択します。


【2】出力先フォルダ
 変換後のファイルの保存先を設定することができます。変換したファイルはこのフォルダの下に新しいフォルダが作成され、その中に保存されますので、デフォルトの設定のままで大丈夫です。


【3】アスペクト比
 DVDを再生する環境に合わせて設定してください。
 ■ 4:3 :通常サイズ
 ■ 16:9:ワイドテレビ


【4】映像方式
 ここでは、「NTSC 29.97 fps」を選択します。


全て確認したら、「変換」をクリックして変換を開始します。



緑のバーで、変換状況を確認することができます。
一番右側まで進んだら「変換完了」です。
変換には少し時間がかかりますので、ドラマやアニメなどは寝る前にでも、変換処理をかけると良いかも知れません。



これで、「変換完了!」



変換が完了したら、出力先フォルダに設定した場所に、変換元のファイル名を使用した新しいフォルダが自動的に作成されています。さらに、そのフォルダの中に「VIDEO_TS」というフォルダが作成されています。これが、DVDに書き込むためのデータになります。



DVDには、この「VIDEO_TS」フォルダを書き込めばオッケーなのですが、「AUTO_TS」フォルダも作成した方がより確実なので、「VIDEO_TS」をコピーして、名前を「AUTO_TS」に変更しておきます。


あとは、この2つのフォルダをお手持ちのライティングソフトを使用して、DVDに書き込めば、完了です。 お疲れ様でした♪

スポンサードリンク 

トラックバックURL

http://veoh-navi.com/wp-trackback.php?p=94

コメントはまだありません

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

TOPPAGE  TOP